金属アレルギーでも矯正治療は可能?気になる治療方針から注意点まで

歯科治療と金属アレルギーには大きな関連性があります。今回は、金属アレルギーの方でも治療が可能な矯正方法から治療中に注意すべき点までを考えてみたいと思います。

金属アレルギーと歯科治療の関連性

金属アレルギーがある場合、歯科治療で使う金属にも注意を払う必要が出てきます。ここではまず、金属アレルギーと矯正治療の関連について考察してみたいと思います。

金属アレルギーが起こるメカニズム

矯正治療で問題となる金属アレルギーは主にニッケル、コバルト、クロムで、ほとんどの金属アレルギー患者はニッケルアレルギーです。金属アレルギーの出やすさは、「金属のイオン化傾向」によって決まります。イオン化傾向とは、それぞれの種類の金属が水や水溶液の中でどの程度イオン(電気を帯びた原子や原子団)になりやすいかということです。イオン化傾向の小さい金や銀、チタンがイオン化しにくいのに対し、コバルトやニッケル、クロムなどイオン化傾向が大きい金属は口の中でイオン化しやすく、金属アレルギーを起こす可能性が高まります。

歯科用金属が原因で金属アレルギーの症状が出ると、口腔内には口内炎、歯肉炎、味覚障害などが現れることもあります。さらにイオン化した金属が唾液に混じり体を巡ることで、さまざまな全身症状が呼び起こされることもあるのです。

そのため、一人ひとりの体質に合った歯科用金属を使うことが歯科治療の大前提となります。

あなたは大丈夫?金属アレルギーの自己チェックは可能?

普段ピアスやネックレス、腕時計などのアクセサリーを装着するときに、チタンやプラチナなどでアレルギーが出なくても、低価格の金属だと皮膚がかぶれるという人は、矯正治療に問題があるレベルの金属アレルギーである可能性が高いと考えられます。また、普段はアクセサリーをしても湿疹が出ないものの、汗をかいたときに湿疹が出る人は軽度のアレルギーがある可能性があります。軽度のアレルギーであればワイヤー矯正治療が可能な場合も十分あります。また、奥歯にすでに銀歯などが入っている場合、それで肌などに症状が出ていなければ重度のアレルギーではないといえます。銀歯が入っていて症状が出ていなくても軽度のアレルギーである可能性はあります。なぜなら、銀歯に使われる合金は比較的高級で安定した金属であるため、唾液などに触れてもイオン化しづらくなっているからです。 

 また、症状が出ていても軽度の場合は金属が原因と気づかない場合もあります。肌荒れがしやすい人などは体質のせいと考えがちですが、実は奥歯に銀歯を入れているせいで起こっている場合もあります。

とはいえ、いずれも可能性でしかなく、自己判断だけで金属アレルギーを明確に判断する方法は存在しません。少し面倒に感じるかもしれませんが、金属アレルギーか否かを知るためには、検査を受けるのがベストと言えるでしょう。

金属アレルギーでも治療可能な矯正治療とは?

ここでは、金属アレルギーがある場合について、歯科矯正でよく行われるワイヤー矯正や、マウスピースによる矯正方法の可能性を探ってみたいと思います。

ワイヤー矯正の場合

ワイヤー矯正のメリットとして、どんな歯列にも適応する矯正力と、精度の高い歯の動きが期待できる点が挙げられます。ただし金属アレルギーの方には、アレルギーを引き起こしにくい器具を使うといった配慮が必要になります。

通常ワイヤーにはニッケルの合金が使用されていますが、ニッケルアレルギーの患者さんには、チタン製やセラミック・プラスチック製のブラケット(歯に付ける3ミリ角程度の器具)とチタン製のワイヤーを使用することで対応します。この場合、セラミック・プラスチックは前歯、チタン製は奥歯につけます。

セラミック製のブラケットはそれなりに審美性や治療精度が高くなっていますが、チタン製のワイヤーはホワイトワイヤーに比べると、どす黒く、審美性に欠けます。また、ニッケルの入ったワイヤーに比べると弾性に欠けるため調整しにくい場合もあり、治療内容を一部変更する可能性も出てきます。

いずれにしても、まずは自分がどの金属にどの程度金属アレルギーがあるのかを調べてから、矯正に臨むとよいでしょう。具体的には、通常のニッケルを含むワイヤーで対応可能なのか、それともチタン製のワイヤーを使用するべきなのか、などを歯科医師と相談することになります。それぞれの金属アレルギーの具合を把握しながら、適切な素材を選ぶことが重要です。

マウスピース矯正の場合

プラスチック製の歯型の矯正器具「マウスピース」による矯正方法を選択すれば、金属を使わずに矯正することが可能なため、重度の金属アレルギーでも矯正治療が可能です。そのひとつの方法として、「インビザライン」が挙げられます。インビザラインとは、10日から2週間間隔で新しい形のマウスピースを装着することで、徐々に歯を動かす矯正方法です。ワイヤー矯正で感じる器具の煩わしさが少なく、ブラッシングがしやすいのも特徴と言えます。

ただしインビザラインによる治療の問題点として、抜歯が必要なほどデコボコ量の大きい歯並びの治療はそこまで得意とは言えず、歯並びの乱れ具合が軽度から中程度に限られる点と、細かな歯の移動には不向きな点が挙げられます。また、自己管理の治療になるため、マウスピースの着用を毎日さぼらずに頑張らないと治療がうまくいきません。矯正方法を選ぶ際には、インビザラインの審美性や取り外し可能な利便性ばかりに目が行きがちですが、まずはマウスピース矯正で対応可能な歯並びなのかどうかの判断を仰いだうえで、治療方法を決めていきましょう。

歯科矯正を始める前にパッチテストを推奨する理由

金属アレルギーが心配な方は、事前に「パッチテスト」を受けることで、矯正治療の選択肢をより明確にすることが可能です。金属アレルギーを調べる際には、検査試薬を背中や腕などの皮膚の一部に付け、アレルギー反応を調べる方法が一般的です。

パッチテストの結果を踏まえ、歯科矯正の選択肢を明確にしよう

パッチテストではどの金属にアレルギーがあるのかを調べることができるほか、そのアレルギー反応の強さを知ることができます。特に皮膚への湿潤、小水疱を含む「++」という反応や大水疱が見られる「+++」の反応がある場合、金属のブラケット器具の使用は推奨できません。

つまり、矯正器具のどの素材にアレルギーを持っているのか、そして金属アレルギーに対する反応の強さはどの程度なのか、の2点がはっきりすることで、矯正器具の選択の幅が狭まり、患者さんにとっても、歯科医師にとっても、安心して装着できる器具選びができるようになるのです。ただし、より完成度の高い治療を求める患者さんにはニッケルを使用したワイヤー矯正がベストであるという事実もあるため、アレルギーが軽度であれば、ニッケルワイヤーを使用するという選択肢もあり得ます。

金属アレルギーの方が矯正中に気を付けること

金属アレルギーがあったとしても、使用する金属や矯正方法を変えるだけで、歯科矯正が可能だということが分かりました。ここでは有意義な矯正治療を実現するためにも、毎日の生活のなかで心掛けたい注意点について触れておきます。

矯正期間中に気を付けたい体調管理

自分の体調に気を配り、アレルギー症状が出たら早めに相談することです。アレルギー症状が出てしまっても、そこから矯正器具の種類を変更して治療を継続することは可能ですので、早めの相談がおススメです。アレルギー症状は一度発症すると、体内に蓄積された金属イオンが排出されるまで比較的時間がかかることが多いため、症状が出たらすぐに対策を検討すると良いでしょう。

 

まとめ

金属アレルギーだからといって、矯正治療を諦める必要はありません。アレルギー対策が施されたワイヤーやアレルギーの出にくいマウスピース型の矯正器具などの選択肢があるので、金属アレルギーの種類や度合いに合わせて適切な器具を選び、すてきなスマイルを目指していきましょう。

関連記事