セラミック矯正ってなに?短期で治療が終わる理由は?セラミック矯正のメリット・デメリット

歯並びを整える方法のひとつに「セラミック矯正」があります。数か月単位で治療が完了することから「クイック矯正」とも呼ばれていますが、なぜそれほどの短期間で治療できるのでしょう?

ブラケットとワイヤーを使う一般的な矯正治療と比べてどこがどう違うのか、セラミック矯正のメリット・デメリットや、治療を受ける際に注意したいポイントについてご紹介します。

セラミック矯正とは何か

セラミック矯正とは、主にセラミックのクラウン(人工のかぶせ物)を自然歯にかぶせることで歯並びを整える治療法です。

セラミック製のブラケットを使用した矯正装置で歯列矯正することをセラミック矯正と呼ぶこともあるため勘違いする人もいますが、まったく別物なので注意しましょう。

一般にセラミック矯正と呼ばれるのは、人工物を使って歯茎から上の形状を変えることで見た目を整える方法です。つまり、歯を根元から動かすのではなく、歯を削ってかぶせ物を入れる「補綴(ほてつ)治療」に入るもので、正確には「矯正治療」には分類されません。

セラミック矯正の一般的な流れは、以下のようになります。

①  カウンセリング・治療計画立案

歯の形・色などについて患者の要望を聞き、現時点での口腔状態をチェックします。カウンセリング当日から治療が可能なクリニックもあります。

②  検査・土台作り

元の歯並びの歯型を取り、レントゲン撮影や口腔写真の撮影などで必要な情報を集めます。検査後は、歯を削って、セラミッククラウンをかぶせるための土台を作ります。

③  仮歯を作成

かみ合わせに問題がないかを診て最終調整をするため、セラミッククラウンを入れる前に仮歯を着けて、患者さんにしばらく通常の生活をしてもらいます。

④  セラミッククラウンの作成

仮歯を基にセラミッククラウンを作成し、最終調整を済ませたうえで装着して治療が完了します。

なぜ、一般的な歯列矯正と治療期間が違うのか?

セラミック矯正は、歯を削ってセラミッククラウンをかぶせる治療法で、虫歯を削った部分を人工物で補う補綴治療と、手順はほとんど変わりません。

一方、ブラケットやワイヤーなどの矯正装置で歯を根元から動かす矯正治療は、治療完了までに成人で1~3年かかるといわれています。なぜそれだけの期間がかかるのかというと、歯を支えている骨の中を歯が移動して歯並びが良くなっていくのには時間がかかるためです。

歯にゆっくりと力をかけると、力がかかった側の歯の根元には「破骨細胞」という細胞が生まれます。破骨細胞は、歯槽骨という歯を支えている骨を溶かして吸収する働きがあります。一方、力がかかった側の逆側には、新たに骨を作る働きを持つ「骨芽細胞」が生まれ、歯が動くときにできる隙間を埋めるかのように歯槽骨を作っていきます。

矯正治療では、このような破骨細胞と骨芽細胞の働きを利用することで、無理なく、歯を削ることなく健康な状態を保ったまま歯を理想的な方向へと動かしていきます。

矯正装置によって歯が動くスピードは、1か月でおよそ0.3ミリ程度といわれています。それよりも早く動かそうとすると、骨の形成が不十分になり、歯が揺れるといったトラブルを引き起こす恐れがあります。かむ機能を損なわないためには、矯正治療にある程度の時間がかかるのは仕方がないことなのです。

セラミック矯正のメリット・デメリット

セラミック矯正を検討する際の参考のため、治療を受けたときのメリット・デメリットにはどんなものがあるのかをまとめてみます。

主なメリット

  • 一般的な矯正治療に比べて治療期間が短い
  • 矯正装置による痛みがない
  • 一般的な矯正治療に比べて通院回数が少ない
  • 人工物を入れるので色・形が選べる
  • 矯正器具をつけないため、審美的な治療が受けられる。

 

主なデメリット

  • 健康な歯を削ってしまう
  • 自然歯ほど長持ちしない。欠けてしまうこともある。
  • 経年劣化したセラミックの交換に同等の金額がかかる
  • 人工物と歯との段差に汚れがつきやすく不衛生になる。歯周病に発展することも
  • 思ったよりも矯正されず、治療後に不満が残るケースがある。またその場合でも後から矯正治療に変更できないことが多い。

セラミックは金属の補綴物と比べて強度がやや劣るため、より厚みのあるものを入れる必要があり、歯を削る量が多くなってしまいます。削った歯は当然、元には戻らず寿命が短くなり、神経治療をした場合はさらに寿命が縮まります。

セラミッククラウンは、良好な口腔環境を保てれば20年持つといわれていますが、一般的には10年程度が耐用年数だとされています。

一般的な矯正治療よりも安価といわれるセラミック矯正ですが、10年ごとにセラミッククラウンを交換するとなれば、決して経済的ではありません。交換にかかる費用は、初回のときとほとんど変わらないからです。

また、セラミッククラウンと自然歯との間に段差ができて、そこに歯ブラシが届きにくくメンテナンス性が下がるため、歯周病リスクも上がります。歯周病が進むと、歯が抜けやすくなる、口臭が出る、歯茎が下がってきて歯根が見えてしまう、歯茎の黒ずみが出てくるなど、さまざまなトラブルが起きる可能性があります。

セラミック矯正の注意ポイント

セラミック矯正の最大のデメリットは、健康な歯を大きく削るということです。治療を考える際には、まず削った歯は二度と元に戻らないということを考慮してください。治療後に不満が残り、やり直しになるとさらに費用がかさむということも検討材料に加えておきましょう。

結果が不満で本当の矯正治療を後から希望しても、元の歯が残っていないので治療は非常に難しくなります。

それでもなお矯正治療を希望する場合は、不可能ではありませんが、一度セラミッククラウンを外して元の歯に近い仮歯を作ってからになるため、治療は大掛かりになってしまいます。治療が満足いくものだったとしても、セラミックを長持ちさせるためには、定期的なクリニックでの清掃や家庭でのセルフメンテナンスも欠かせません。

こうしたリスクや負担を考慮しながら、セラミック矯正を選択するかどうかを検討することが大切です。
ただし、もともと虫歯で治療が必要だったり、すでにかぶせ物をしていたりする場合は、「健康な歯を削る」というデメリットはないので、検討する価値はあるかもしれません。

選択は慎重に。迷ったらセカンドオピニオンの活用を!

短期間で手軽にきれいな歯並びを手に入れられるとよくいわれるセラミック矯正ですが、その代償は意外に大きいということを知っておかないと、のちのち後悔することになりかねません。メリットとデメリットをよく検討し、十分に納得したうえで治療を受けるかどうか、慎重に選択してください。基本的に歯科医師は患者の口の健康を保つ責任があるため、治療の選択肢のバリエーションの説明を行い、それぞれのメリットデメリットを正しく説明するはずですが、一部にはトラブルの報告も聞かれます。悪質な歯科医院では、十分な説明を省略してセラミック治療だけをすすめてくることもあるようです。
治療方針に疑問がある場合は、セカンドオピニオンを活用するのもひとつの手です。

関連記事