見えにくくて好評の裏側矯正、普通の矯正と比べて治療期間は長いのか?

歯列矯正は歯並びが悪いことを気にしている方にとって、大きな恩恵をもたらしてくれる治療です。しかし、一方で矯正器具を装着する必要があるため、見た目が気になるという方も少なくありません。

現在の矯正治療は進歩を遂げていて、目立たない矯正器具も出てきています。そのなかでも好評な治療方法に「裏側矯正」というものがあります。歯の裏側に矯正器具を装着するため、見えにくいのが特徴で、多くの歯科医院で実施されている治療です。

矯正治療はご存じのとおり、治療が長期間に及ぶことがあります。数年かかることもある矯正治療のなかで、裏側矯正は通常の表側矯正と比べて治療期間に差が出ることがあるのでしょうか。今回はその治療期間についてご紹介していきます。

裏側矯正とは何か

裏側矯正とは、口を開けても見えにくい歯の裏側に矯正器具を装着する治療方法です。ブラケットという器具にワイヤーを通して歯を少しずつ時間をかけて動かす点は表側矯正と同じですが、次のようなメリットやデメリットがあります。

裏側矯正のメリット

一番のメリットは、やはり口を開けても矯正器具が見えにくいことです。人前に出ることが多い仕事をしているために、いままで矯正治療を躊躇していた方でも、この裏側矯正での治療を検討される方が多いようです。

次の大きなメリットは、表側矯正に比べて虫歯になりにくいと言われていることです。矯正器具を装着していると、器具に汚れが付着してブラッシングでは取りきれない場合があります。しかし、歯の裏側は唾液が豊富で、唾液の力によって汚れを洗い流すことができます。また、唾液自体に免疫機能がありますので、虫歯の予防効果もあります。ただし、唾液に含まれるカルシウムが固まると歯石になります。それが歯周病の原因になる場合もありますので、常に正しいブラッシングを心掛ける必要があります。

他のメリットとしては、頬っぺたに矯正器具があたらないため口内炎になりにくい、過蓋咬合など表側矯正では治療がむつかしいケースだと逆に裏側矯正の方がスムーズに治療が行えることがある。などのメリットもあります。

裏側矯正のデメリット

通常、裏側矯正は表側矯正に比べて費用が高くなります。それは、歯の裏側は表側よりも、表面に凹凸が多いため、矯正器具をオーダーメードで製作しなければならなかったり、装着にも技術が必要だったりするからです。どのくらいの費用になるかは治療内容や症状などにもよりますので、カウンセリングのときにご確認ください。

そのほかのデメリットとしては、舌の違和感が挙げられます。歯の裏側の矯正器具が舌に触れるため、人によっては大きな違和感を覚えることがあります。特に下の歯を裏側から矯正する場合、かなりの舌の違和感、痛みなどを伴うことがあります。舌にアタリが強すぎて滑舌が悪くなったりすることもあるため、接客業など対面での仕事をされる方は気を付けましょう。過去の事例では矯正器具が強くあたりすぎて腫瘍などのデキモノができたケースもあります。健康を害する恐れがありますので注意が必要です。滑舌や痛みなどの心配が多いなら、下の歯だけは表側から矯正するハーフリンガル矯正がおススメです。ハーフリンガルなら、人から見られて目立つ上の歯は裏側なため、ほとんど気づかれることはありません。また上の歯に裏側矯正装置をつけても滑舌が悪くなることはほとんどありません。

裏側矯正の期間について

矯正治療は治療期間が数年にわたることも少なくありませんが、裏側矯正の場合はどうなのでしょうか。実は裏側矯正の場合、表側矯正よりも治療期間は長くなってしまいます。その理由を以下にご説明します。

矯正器具の製作期間

前述したように歯の裏側は凹凸が多く、人によって形状が違います。そのため、一人ひとりの患者さんに合ったオーダーメードの矯正器具を製作する必要があり、この製作期間だけで、1か月から2か月かかります。

矯正器具の調整期間

裏側矯正の矯正器具は構造が非常に複雑になっています。この器具を適切に調整していくのに多くの時間が必要になってくるのです。とはいえ、最近ではコンピューター制御で器具を作製することで、かなり精度の高い器具ができるようになったため、調整期間は以前に比べて大幅に短縮されています。

矯正器具の故障

歯の裏側に矯正器具がある場合、歯でかんでしまい器具が故障することがあります。故障した場合は、修理をして再装着をするのですが、その間は治療がストップするため、その分、治療期間は長くなります。

以上のように裏側矯正の治療期間が長いのにはさまざまな原因があります。治療内容にもよりますが、表側矯正と比較すれば、おおよそ半年から1年ほど治療期間は長くなると考えた方がよいでしょう。

しかし、以前は裏側矯正に4年から5年かかっていたことを考えれば、裏側矯正の技術は大きく進歩したと言えます。

子どものころに諦めた治療も裏側矯正で可能な場合も

子どものころに矯正治療を受けていて、諸事情により治療を中止したという方も多いと思います。しかし、大人になってから、やはり歯並びが気になり、治療再開を希望する方もいます。

その場合でも、もちろん裏側矯正で治療が可能なこともあります。治療を再開する場合は、子どものころ通院していた歯科医院に行くのがよいのですが、閉院していたり、ご自身が引っ越しをされたりしているときなどは、ほかの歯科医院でも治療は可能です。

しかし、別の歯科医院で治療する場合、ドクターが治療計画を最初から立てていったり、新たに生活習慣を把握したりする必要があることから、治療が長期間になることもあります。裏側矯正を希望される場合は十分なカウンセリングを受けることが必要です。

裏側矯正はメリットが多い治療方法ではありますが、表側矯正に比べて治療期間が長くかかることは確かです。かみ合わせや治療後の見た目を重視される方や治療期間をなるべく短くしたい方は、表側矯正を選択された方がよい場合もあります。十分にメリットとデメリットを確認して、治療に臨むことをおすすめします。

関連記事